OH!マイ瀬戸内とは?

わたしと瀬戸内

著名人のコトバ著名人のコトバ

子どものころから遊び場は砂浜と海。
私たちは瀬戸内の海なしでは生活できない。

今治造船 代表取締役副社長
黒川節弘氏

海の幸もさることながら、
陸の幸も捨てたもんじゃない。
瀬戸内は世界に冠たるグルメ地域になりうる。

JR四国顧問
梅原利之氏

島に行って何がいいかって、
朝行って夕方まで船便がない。
だから野良猫を見て「かわいいな」
って思える時間がある。

四国B級ご当地グルメ連携協議会議長
内海武彦氏

小豆島、瀬戸内海を
世界の観光地にしていきたい!!

両備グループ代表兼CEO
小嶋光信氏

自らの地域を誇らしく語ることこそ
地域ブランディングにつながる。

ストライプインタ-ナショナル
代表取締役社長兼CEO
石川康晴氏

だまされたと思って
瀬戸内の島に行ってください。
行ったら間違いなくはまる魅力があります。

雑誌「せとうち暮らし」総編集長
小西智都子氏
2016年7月18日
「瀬戸内を語るシンポジウム」より要約
2016年7月18日
「瀬戸内を語るシンポジウム」より要約

瀬戸内活性化のヒント 瀬戸内活性化のヒント

第一回シンポジウム概要

■タイトル:

~OH!マイ瀬戸内キャンペーン~ 
瀬戸内を語るシンポジウム 世界を呼び込む魅力の発信

■企画内容:

国内外から注目を浴びる瀬戸内の魅力を再発見し、世界に発信していくためには、
そしてインバウンドにどうつなげていくのかを考える。
海の日、そして3回目となる瀬戸内国際芸術祭・夏会期の開催初日に合わせ、
島々への出発点高松港近くの会場でシンポジウムを開催。
いま、何をすべきかについて提言を導く。当日の模様は収録し、8月6日(土)特別番組
として放送。

■開催日時:

2016年7月18日(月・祝)13時開場  13時30分開始(1時間30分)

■開催場所:

香川県県民ホール レクザムホール 多目的大会議室

■パネリスト:

今治造船代表取締役副社長 黒川節弘氏
四国B級ご当地グルメ連携協議会議長 内海武彦氏
雑誌「せとうち暮らし」総編集長 小西智都子氏
両備グループ代表兼CEO 小嶋光信氏
ストライプインターナショナル 代表取締役社長 石川康晴氏
東洋文化研究家 アレックス・カー氏(アメリカ出身 著書「美しき日本の残像」ほか)

■コーディネーター:

JR四国顧問 梅原利之氏

■司 会:

OHKアナウンサー 神谷文乃

■聴講者:

270人(事前応募制)

■料 金:

無料(整理券を事前配布)

■主 催:

OHK岡山放送

■後 援:

香川県・岡山県・公益社団法人香川県観光協会・公益社団法人岡山県観光連盟・四国新聞社・
山陽新聞社・産経新聞社高松支局・産経新聞社岡山支局・一般社団法人 せとうち観光推進機構

ページの先頭へ戻る